仮想通貨市場に続々と超大手企業参入


仮想通貨市場は虎視眈々と狙われている

ヤフー(Yahoo)もいよいよ仮想通貨市場に参入

ヤフーもとうとう仮想通貨市場に参入してきました。おそらく密かに参入のタイミングを見計らっていたと思われます。

ヤフーは今回、「ビットアルゴ」という日本ではまだマイナーな仮想通貨交換業者に出資しました。いづれこの交換業者はソフトバンク・グループの一員として躍進してくることになるでしょう。

ロシアと米国のせめぎ合い、漁夫の利を狙う中国

仮想通貨の先進国はロシアとアメリカです。実は中国もそうです。

仮想通貨は近い将来ドル、ユーロ、円などと同等の通貨になります。

当然、世界経済の覇権争いの重要通貨になっていきます。

中国は仮想通貨の取り扱いや、ICOを全面的に禁止する動きをとっていますが、その理由は、民(たみ)が国家のコントロールの外で勝手に経済を動かしていくのが怖いからです。

なので、いづれ中国は国家レベルで仮想通貨に参入してくるでしょう。

何故ならば、この通貨革命の流れは止めることが出来ないので、国家として統制する術が必要だからです。

仮想通貨禁止やICOを禁止すると、経済が発展せず、国家は没落していきます。

それほど仮装通貨のインパクトは大きいのです。

今改めて思うことがあります。

Satoshi Nakamotoが考えたBitcoin。

インターネットで個人同士が自由にやりとりできる、誰にも関与されない自由な通貨。

仮想通貨の普及が人類に大きなメリットをもたらすことは明らかです。

誰にも止められません。

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA