ビットコイン・プライベイトの受け取り方


2018年3月2日にビットコインとZclassicが合体してハードフォークしました。

そして新しい仮想通貨’BitcoinPrivate(ビットコイン・プライベイト)’が派生して誕生しました。

シンボルは’BTCP’と呼びます。

この新たに発生したBTCPをWalletに取り組む方法紹介します。

まずは動画をご覧下さい。

ビットコイン・プライベートの受取マニュアル

ビットコインプライベートの公式ホームページから、「ElectrumBTCP」というビットコイン・プライベート用のウォレットをダウンロードします。

ネットでBitcoin Privateを検索

 

これが公式ホームページです。「フッキング」という詐欺サイトに行かないよう、注意しましょう。

 

このサイトの一番下の方に’Wallet’というにがあります。

‘Electrum Wallet’を選択します。何故か’Full-Node-Desktop wallet’では上手くいきませんでした。

 

自分のPCにあったバージョンを選択します。

私はMacを使っているので、下図の様に選択しました。

 

あとは流れに沿ってご自身のPCにダウンロードして下さい。

一番大事なことは

Zclassicを入れていた ‘Zclassic Electrum Wallet’を開いて下さい。

そして、Zclassic Electrumのシーズ(seed)、つまりパスワードを、Electrum BTCP Walletにコピーして下さい。

これをやることで、あなたのZclassic Electrum とElectrum BTCPの両方のWalletが同期して、BTCPが派生します。

そうすると数の様に、Zclassic Electrum Walletにあったのと同数のBTCPが派生します。

しかし、私の場合は残念なことがあります。

実は、Bittrexはハードフォークの時期に、Zclassicの口座を凍結してしまい、置いていたZclassicをハードフォーク前にZclassic Electrum Walletに移せなくなったのです。

そのため、ハードフォーク後に移したZclassicからBTCPを取り出すことは出来ませんでした。

本当は下図の様に、Zclassic Electrum Walletにはあと12.97zclがあったのに・・・・。残念です。本当に。

と思ったら、BitrrexのアカウントにありましたBTCP

4月1日にBitrrexのアカウントを見いてたらBTCPがありました。

本当に「早く言ってよ〜」Bitrrexさん、フォークに対応するならそう言ってよ・・と思いました

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA